小石原焼の太田熊雄窯・太田孝宏と光廣の陶芸

広島市南区西旭町の民芸ギャラリー「くらし千絵」

アクセス

住所・広島市南区西旭町5-28 コーポ角田1階 電話・090-1332-1022 ファクス・082-255-3720 グーグルの地図はこちらhttps://goo.gl/maps/DsUkYgHjVkjehF1TA

初めてのかたへ

 民芸――。小石原焼きの窯元の中で民芸にこだわり尽くしたのが太田熊雄・孝宏・光廣の陶芸です。この民芸品を広島市南区で触れたり買ったりしていただける場を設けました。  太田熊雄・孝宏・光廣の陶芸をひとことで言えば「ふだんの […]

グランドオープン全記録

 くらし千絵は2020年3月、グランドオープンしました。お客様をお迎えする前に関係者が集い、門出を祝いました。  蒼さんが腕によりをかけて彩り豊かな料理をつくって、個性ある器に盛りつけました。この器の中に太田孝宏さんの陶 […]

太田孝宏さんの言葉

  小石原焼はもともと田舎の百姓の生活道具だった。ブームになって、しゃれたものをつくって、そこで間違う。売ろうとする仕事と職人の仕事は違う。職人の仕事は、使って喜んでもらうもの。  私は好きでつくっているのではない。親が […]

記事から

 太田熊雄窯の窯元・太田孝宏(51)は「共同体意識は大切。しかしそれに甘えるだけではいけない」と自らを戒める。太田は昭和三十四年、一子相伝の窯元の慣習を破って亡父熊雄とともに分家筋で初めて窯を築いた。それまで八、九軒を数 […]

小石原焼とは

1682(天和2)年に遡る。伊万里から陶工を招き、中野焼きが始まった。磁器のような頑丈さを持っているので、生活に使う雑器を作った。この中野焼きが小石原焼の源流だ。